スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安冨歩・片岡祐介の「魂の脱植民地化で読み解くクラシック名曲」シリーズ

魂の脱植民地化の観点から、音楽史を振り返り、名曲の名曲たる所以を追求するレクチャーとコンサートです。

image2243.jpg

・安冨片岡対談 + 片岡がピアノで要所を演奏
・毎回、安冨作品を上演
・第2弾以降は、安冨作品の世界初演を含む予定
・IWJで中継します。

【第1弾】2016年1月18日(月)「ベートーヴェン 交響曲5番『運命』」
隠蔽された暴力による抑圧とそれをはねのける魂の力を表現し、「クラシック音楽」を定義した作品。

【第2弾】2016年2月18日(木)「ラヴェル 『ラ・ヴァルス』」
「クラシック音楽」の終焉を告げると共に、ヴェルサイユ会議の欺瞞性とその後の破局を予言した恐るべき作品。

【第3弾】2016年3月10日(木)「チャイコフスキー 交響曲第6番『悲愴』」
隠蔽された暴力による抑圧によって魂が殺される物語。なぜかサン=テグジュペリ『星の王子さま』とピッタリと重なる。

【第4弾】日程調整中「リムスキー=コルサコフ 交響組曲『シェーラザード』」
荒ぶる魂に対して、美しい魂立ち向い、その苦悩を溶かしてしまう「非暴力的闘争」を描いた名曲。

時間:各回とも19時〜21時(開場は18時30分)
料金:前売り(予約)1500円/ 当日2000円
ご予約はこちらから。
場所:門前仲町シンフォニー・サロン
住所:東京都江東区深川2-4-8 シンフォニービル
アクセス:門前仲町駅(地下鉄東西線・大江戸線)6番出口から徒歩約3分

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://marimba.blog22.fc2.com/tb.php/2080-4841a1ec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。