スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くわのみ荘

熊本の特別養護老人ホーム「くわのみ荘」で音楽セッション。演劇家の柏木陽さん、作業療法士の川口淳一さんも一緒に向かいました。前回や前々回よりも参加者の皆さんの人数が多いこともあって、響きやリズムに包まれる感じに重点を置きました。今回は僕にとって「すごく特別な発見や感動」があったとは言えない感じもあって、いくぶんモヤモヤも残りましたが、セッション終了後、川口さんに、作業療法士としての視点から「こういう活動の意義」について、たくさん明解に言ってもらえて、大いに刺激を受けました。
彼によると「自ら思わず手をのばしたり動かしたくなるような活動」は、特に特別養護老人ホームには「必要」とのこと。指示されておこなう体操的な動きとは、脳への効果がまったく違うんだそうです。ふむふむ。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://marimba.blog22.fc2.com/tb.php/2023-1f2c1de7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。