スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町田の小学校(二回目)

町田市の小学校(特別支援学級)にて、5人の子どもたちと即興セッション二回目。それぞれの子どもたちにやりたい楽器を選んでもらったら、「大太鼓」「大太鼓とトライアングル」「グロッケン」「ツリーチャイムとタンバリン」「ボンゴ」という妙な編成になった。僕はおもにピアノ、鍵ハモ、ボンゴを演奏。前回と比べて探り合いの時間が少なく、あっという間にただならぬ音楽が立ち上がった。
手の動きが不自由なことは、即興演奏をやるうえでハンディキャップではない。「んドンっ」とか「く……パパンっ!」と、まるでアジア伝統音楽の達人のような間合いと強度。起こったことが全部必然に感じるこの演奏はいったい何だろう?。(後で録音を聴き返してみると、僕の演奏は皆に比べていくぶん小賢しい感じだった。でも、あんな達人たちに吹き飛ばされず、よくぞ渡り合えたものだ…)
僕のソロマリンバを聴いてもらう時間と、一対一でピアノ連弾をする時間もつくった。今日でお別れ。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://marimba.blog22.fc2.com/tb.php/1998-8285a19f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。