スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日中協働ダンスプロジェクト『音楽椅子/虛位以待』

2014年2月27日(木)〜28日(金)
東アジア文化都市2014横浜パートナー事業
日中協働ダンスプロジェクト
『音 楽 椅 子 / 虛 位 以 待』
Musical chairs / she way yee die

創作・出演 神村恵 ファン・レイ
出演 尾花藍子 新庄恵依
音楽 片岡祐介 照明 中山奈美

概要 
本企画では、東アジアにおける文化交流を目的とし、日中のダンスアーティストが互いの国での滞在制作を経て、横浜で作品を発表します。創作過程において、互いの国を双方から眺めることにより、その差異をリサーチしました。フィールドワークで得られた要素を日中の若手振付家が「身体表現」として展開していきます。
これらの交流を通じ互いの存在を認識し、その共生に向けての文化創造活動にどのような可能性があるか探ると共に、人種間の多様な価値をダンス表現に置き換え作品として発表します。

eastasiaforWeb.jpg

アーティストノート
-----------------------------------
中国の広州を訪れた際、私の目を引いたのは路上にはみ出してきている様々なものや人でした。人々はそこを半分プライベートな場所として、食べたり、寝たり、物を売ったり、踊ったり、ただ座っていたりします。
特に、あちこちの道路脇に(おそらく近所の人によって)置かれている椅子は、ほとんど道端の雑草のような自由さでさりげなく存在していて、人々の生活のどっしり感と軽やかさを代わりに主張しているように見えました。
「音楽椅子」は、"椅子取りゲーム"の英訳の、中国語訳の、さらに日本語訳です。転がしているうちに元の意味から離れて、路上の椅子のように自由に動き出せるようにするための、そこにあると思っているボーダーからはみ出して行くための、かけ声でもあります。
神村恵
-----------------------------------
"虚位以待"の意味についてです。複雑ではなく、シンプルです。誰かがある席を、他の人のために空けて待っています。例えば、皆が期待している人、リーダーになるべき人、尊敬にあたいする人、面白い人などのために。この言葉は、誰かがが来ることや何かが起こることを期待する時、普段の生活の中でメタファー(隠喩)として使われます。(なぜなら、誰が来るか、何が起こるかは誰もわからないからです。)
言い方を換えれば、この状況は、「椅子を本当に必要としている人は、あなたがその椅子を手放して空けておくまでは現れない」ということでもあるでしょう。
ファン・レイ
-----------------------------------

公演日程:2014年2月27日(木)19:00受付開始 19:30開演
   28日(金)19:00受付開始 19:30開演

会場 STスポット(公演中に屋外に出る可能性があります。)

料金 前売 2000円、当日 2,300円
    高校生以下無料(要予約)

2月7日(金)受付開始
ご予約:STスポットウェブフォーム http://stspot.jp/ticket/dancejpcn/
    電話:045-325-0411
    
お問い合わせ:電話045-325-0411(STスポット)
       メール mail@stspot.jp

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://marimba.blog22.fc2.com/tb.php/1946-690c81e3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。