「今日は死ぬのにもってこいの日」
(ナンシー・ウッド、金関寿夫 訳)

今日は死ぬのにもってこいの日だ
生きているものすべてが 私と呼吸を合わせている
すべての声が わたしの中で合唱している
すべての美が わたしの目の中で休もうとしてやって来た
あらゆる悪い考えは わたしから立ち去っていった
今日は死ぬのにもってこいの日だ
わたしの土地は わたしを静かに取り巻いている 
わたしの畑は もう耕されることはない 
わたしの家は 笑い声に満ちている 
子どもたちは うちに帰ってきた 
そう 今日は死ぬのにもってこいの日だ

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://marimba.blog22.fc2.com/tb.php/1872-b3dee90a