スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安冨歩・片岡祐介の「魂の脱植民地化で読み解くクラシック名曲」シリーズ

魂の脱植民地化の観点から、音楽史を振り返り、名曲の名曲たる所以を追求するレクチャーとコンサートです。

image2243.jpg

・安冨片岡対談 + 片岡がピアノで要所を演奏
・毎回、安冨作品を上演
・第2弾以降は、安冨作品の世界初演を含む予定
・IWJで中継します。

【第1弾】2016年1月18日(月)「ベートーヴェン 交響曲5番『運命』」
隠蔽された暴力による抑圧とそれをはねのける魂の力を表現し、「クラシック音楽」を定義した作品。

【第2弾】2016年2月18日(木)「ラヴェル 『ラ・ヴァルス』」
「クラシック音楽」の終焉を告げると共に、ヴェルサイユ会議の欺瞞性とその後の破局を予言した恐るべき作品。

【第3弾】2016年3月10日(木)「チャイコフスキー 交響曲第6番『悲愴』」
隠蔽された暴力による抑圧によって魂が殺される物語。なぜかサン=テグジュペリ『星の王子さま』とピッタリと重なる。

【第4弾】日程調整中「リムスキー=コルサコフ 交響組曲『シェーラザード』」
荒ぶる魂に対して、美しい魂立ち向い、その苦悩を溶かしてしまう「非暴力的闘争」を描いた名曲。

時間:各回とも19時〜21時(開場は18時30分)
料金:前売り(予約)1500円/ 当日2000円
ご予約はこちらから。
場所:門前仲町シンフォニー・サロン
住所:東京都江東区深川2-4-8 シンフォニービル
アクセス:門前仲町駅(地下鉄東西線・大江戸線)6番出口から徒歩約3分

リビングアートフェスティバルvol.2

23152309y09.jpg

場所:横浜にぎわい座 のげシャーレ(横浜にぎわい座 B2F)
時間:13:00~19:00
料金:無料 ※出演順は随時WEBで発表します。
出演:はっぱ隊、STEP IN THE LIFE、AYAKO、MiChi、片岡祐介、ともだちの丘えんげきぶ、今井尋也、かたるべ会、江原顕、ほか

【H P】… http://www.livingart.red
【主催】…ともだちの丘えんげきぶ/リビングアートネットワーク
【協力】…NPO 法人げんき/メガロシアター/ステージオフィス横浜/吉松章/小池健太/港北区障害者地域活動ホーム ともだちの丘/リビングアートフェスティバル実行委員会
【助成】…横浜市地域文化サポート事業・ヨコハマアートサイト2015

山田でDABADA

ダンサーの佐久間新さん、キーボーディストの鈴木潤さんと、別府の素敵な旅館「山田別荘」で公演やります。
初組み合わせのトリオです。ご期待ください!

1779664_804917969636673_7525735667540336507_n.jpg

(↓以下コピペです)

山田でDABADA
- 湯につかり 音にひたる そして踊れば湯ざめすまい! -

打楽器奏者・作曲家の片岡祐介(東京)さん、ジャワ舞踊家の佐久間新(大阪)さん、ピアニストの鈴木潤(京都)さんが、別府のすてきな温泉宿「山田別荘」にて、パフォーマンスをします。
3人はそれぞれ障害のある人や高齢者、子どもなど、さまざまな人とともに、音楽や踊りを探求してきました。
子どもの言葉や音から歌を作曲する片岡さん。
障害のある人から新しいダンスを見出す佐久間さん。
通りすがりの人とその場で唱歌を歌う「京都御池合唱団」をひらく鈴木さん。
みなさんのそばにいると、なんでもないところから、音楽や踊りが立ち上がる瞬間にどきっとすることがたくさんあります。
なんと、3人でのパフォーマンスは今回がはじめて!
リニューアルした山田別荘のおひろめ公演でもあります。
それはそれは特別な夜になることでしょう。

会場:山田別荘(別府市北浜3-2-18)
料金:1500円(中学生以下無料)
定員:40名(要予約)
予約:ayano.furuhara@gmail.com (古原)
件名を「山田でDABADA予約」として①名前②参加人数③電話番号をお知らせください。
主催:studio904
共催:山田別荘

〈出演者紹介〉
片岡 祐介 Yusuke Kataoka
1969年生まれ。愛知県豊橋市で育つ。少年時代に独学で、木琴やピアノの演奏をはじめる。 名古屋市立菊里高校音楽科を経て、東京音楽大学で打楽器を学ぶ。商業的なスタジオミュージシャンを経て、1997年~2000年に岐阜県音楽療法研究所に研究員として勤務。障害者施設や高齢者施設、病院などの様々な場所で、即興音楽セッションを行う。 2006年度、NHK教育テレビのエキセントリックな音楽番組「あいのて」に「黄色のあいのてさん」としてレギュラー出演し反響を呼ぶ。マリンバ奏者として、新作の委嘱、演奏活動を数多くおこなっている。CDに片岡祐介と子どもたち「ポリフォニック・パーカッション」(NPO法人クリエイティブサポートLet's)、著書に「CDブック 音楽ってどうやるの」(野村誠と共著:あおぞら音楽社)がある。 2012年度と2013年度、京都女子大学と京都造形芸術大学の非常勤講師をつとめる。現在東京都在住。

佐久間 新 Shin Sakuma
1968年大阪生まれ。二十歳の頃、流れる水のように舞うジャワの舞踊家ベン・スハルト氏に出会い、自分のご先祖さまに会ったと確信する。その後、インドネシア芸術大学への留学を経て、現在は山里に暮らしながら、伝統舞踊におけるからだのありようを探求する中から、「コラボ、即興、コミュニケーション」に関わるプロジェクトを推進中。からだに問いかけることから生まれる言葉で話す「からだトーク」(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター)、障がいのある人と新しいダンスを創作する通所授産施設たんぽぽの家との取り組み等。

鈴木 潤 Jun Suzuki
ジャズやR&B、ファンク等の演奏を経て、1996年 ごろから、レゲエキーボードとして活動を始め、その後、国内外のさまざまなレゲエシンガーのバックをつとめる。同時に、鍵盤ハーモニカ(メロディオン・ピアニカ)の演奏グループ「P-ブロッ」のメンバーとしても活動を続け、国内外でライブ活動を実施。同グループで、NHK 教育テレビ「ドレミノテレビ」「ヒミツのちからんど」に出演、教育テレビ「あいのて」の挿入歌 『ワニバレエ』の編曲などを担当。近年では子供たちと音楽を作る活動も積極的に展開。保育園、幼稚園、小学校などで、「音の砂場」と題する完全に自由に楽器をみんなで鳴らすワークショップや、レゲエのリズムでの合奏「音の大縄跳び」ワークショップを、続けている。著書『音・リズム・からだ』(民衆社)等。
HP→http://jun.my.coocan.jp/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。